2007/01/12

2006年 インド株・中国株対決 年間成績その2

 2006年の全データの続きです。


 ★データ3 月間騰落率
           2006年末 2005年末  年間騰落率
 SENSEX指数   13786.91   9397.93    46.70
 NIFTY指数     3966.4    2836.55    39.83
 ハンセン指数   19964.72  14876.43    34.20
 H株指数      10340.36   5330.34    93.99
 (VNインデックス  751.77    307.50    144.48)

・・・全選手,すばらしい活躍の1年でした。
   中でも,やはりH株指数。90%を超える上昇。年末には1万ポイント越えで,この4選手のうち,3選手が1万ポイントを超えて終えました。
   (番外編 交流戦参加のVNインデックス・・・すご過ぎです。)


★データ4 「ハンS倍率(はんえすばいりつ)」「HS倍率

 「ハンS倍率」「HS倍率」とは,私が勝手に算出し始めた指数です(こんな事誰もしていないだろうから,おそらく日本で初めて)。

     ハンS倍率=ハンセン指数÷SENSEX指数

     HS倍率=H株指数÷SENSEX指数

 日経平均とTOPIXのNT倍率みたいな感じです。
 インド株の代表的株価指数のSENSEX指数と,中国株のハンセン指数,H株指数を比較して,インド株,中国株どちらがより上昇しているか?上昇の傾向があるかを探っています。
 今までの推移です。

             ハンS倍率  HS倍率
 2004年 12月末  2.16倍  0.72倍
 2005年  1月末  2.09倍  0.72倍
        2月末  2.11倍  0.77倍
        3月末  2.08倍  0.74倍
        4月末  2.26倍  0.76倍
        5月末  2.07倍  0.68倍
        6月末  1.97倍  0.68倍
        7月末  1.95倍  0.69倍
        8月末  1.91倍  0.65倍
        9月末  1.79倍  0.61倍
       10月末  1.82倍  0.60倍
       11月末  1.70倍  0.57倍
       12月末  1.58倍  0.57倍
2006年   1月末  1.59倍  0.63倍
        2月末  1.54倍  0.63倍
        3月末  1.40倍  0.59倍
        4月末  1.38倍  0.57倍
        5月末  1.53倍  0.64倍
        6月末  1.53倍  0.64倍
        7月末  1.58倍  0.64倍
        8月末  1.49倍  0.59倍
        9月末  1.41倍  0.57倍
       10月末  1.41倍  0.58倍
       11月末  1.38倍  0.62倍
       12月末  1.45倍  0.75倍

 11月と12月でH株がものすごく上昇したのがわかりますね。HS倍率は2年前の水準に戻りました。
 実際,11月に,SENSEX指数は 5.67%上昇
           H株指数は   14.19%上昇。
     12月に,SENSEX指数は 0.66%上昇
           H株指数は    20.99%上昇。

 これが中国株ドラゴンズの大逆転劇につながったわけです。
 ハンセン指数は着実にSENSEX指数との差が詰まってきています。これが1倍を切る日が来るのでしょうか・・・?


 2006年のインド株,中国株対決のデータは以上のような結果でした。
2006年の振り返りを,次回したいと考えていますが,できるかどうか・・・。(しかも,2007年の戦いも,すでに始まっている・・・。)もしよろしければ,また見てやってください。


  2007年はインド株が巻き返しか?
  インド株に投資をお考えの方,まずは資料請求してみてはいかがですか?↓↓
 
インド株に投資できるインド株ファンドと証券会社
(最近たくさんの方に資料請求をしていただいています!本当にありがとうございます!!)
(クリックすると各証券会社へ。詳しい情報を手に入れたり,資料請求(無料)や口座開設ができます。)

 ・PCAインド株式オープン・・・ライブドア証券

 ・HSBCインドオープン・・マネックス証券コスモ証券

 ・HSBC BRICs オープン・・マネックス証券コスモ証券

 ・JPM・BRICS5・ファンド・・マネックス証券ライブドア証券

 ・インド株ADRなら・・・楽天証券 インフォシス,タタ・モーターズなどのインド株に投資できます。まずはクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/10

2006年 インド株・中国株対決 年間成績

 2006年の戦いがすべて終了。中国株ドラゴンズの優勝でシーズンの幕を閉じました。

 さて,8月の試合結果のデータまではお伝えし,優勝予想をしていたのですが,その後更新が途絶えていました。(忙しかったもので・・・。)

 今さら9月~12月をアップしても,優勝は決まっているので,2006年の年間成績をお伝えします。

 このブログのルールに関しては,こちら「インド株・中国株対決ルール(2006年版)」をご覧ください。)

 ★データ1 2006年 年間打率
          打数   安打  2006年の通算打率
 SENSEX指数  251  149   .594
 NIFTY指数   251  150   .598
 ハンセン指数  248  149   .601
 H株指数     248  146   .589

・・・ということで,2006年首位打者は,ハンセン指数!
   首位打者争いも熾烈だったんですね。


 ★データ2 ヒットの内訳
          一塁打 二塁打 三塁打 ホームラン
 SENSEX指数  85    44    13    7
 NIFTY指数    86    44    12    8
 ハンセン指数  110    35     4    0
 H株指数      78    42    17    9

・・・よって,ホームラン王はH株指数!
  打率は最下位でしたが,SENSEX指数とNIFTY指数を抑えてのタイトル。この活躍が,ドラゴンズを優勝へと導きました。

 データの続きはまた次回お伝えします。


  インド株に投資をお考えの方,まずは資料請求してみてはいかがですか?↓↓

インド株に投資できるインド株ファンドと証券会社
(最近たくさんの方に資料請求をしていただいています!本当にありがとうございます!!)
(クリックすると各証券会社へ。詳しい情報を手に入れたり,資料請求(無料)や口座開設ができます。)

 ・PCAインド株式オープン・・・ライブドア証券
(7月31日現在 純資産残高1035億円 1ヶ月騰落率 3.8%)

 ・HSBCインドオープン・・マネックス証券コスモ証券
(7月31日現在 純資産残高1035億円 1ヶ月騰落率 2.4%)

 ・HSBC BRICs オープン・・マネックス証券コスモ証券
(7月31日現在 純資産残高931億円 1ヶ月騰落率 5.2% 新規申し込み停止中のようです。)

 ・JPM・BRICS5・ファンド・・マネックス証券ライブドア証券
(7月31日現在 純資産残高1036億円 1ヶ月騰落率 4.6%)

 ・インド株ADRなら・・・楽天証券 インフォシス,タタ・モーターズなどのインド株に投資できます。まずはクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/12

8月の優勝予想(インド株・中国株) 予想編

 ★2006年の優勝予想(前回の記事をぜひ読んでからお読み下さい!)

 今月の優勝予想は・・・迷った末に,前回同様,中国株ドラゴンズとします。
  今までの予想履歴
 1月 中国株ドラゴンズ
 2月 中国株ドラゴンズ
 3月 インド株エレファンツ
 4月 中国株ドラゴンズ
 5月 中国株ドラゴンズ
 6月 中国株ドラゴンズ
 7月 中国株ドラゴンズ
 8月 中国株ドラゴンズ

 (このブログでは,インド株と中国株を勝手に野球チームにして,試合をしています。さっぱり意味がわからないという方は,こちら「インド株・中国株対決ルール(2006年版)」をご覧ください。)

 今月の予想は迷いました。
 インド株エレファンツが,この記事を書いた時点で6連勝。優勝争いのトップに立っているのです。
 一時は5ゲーム差まで広がっていたのですが,猛烈な追い上げ。さすがは昨年の優勝チーム。最近の日ハムのような好調ぶりです。
 8月の打率も7割台,月間騰落率8%台と,データもすごい数字です。首位打者もハンセン指数から,NIFTY指数に変わりました。
 このように圧倒的にエレファンツ有利な状況で,優勝の予想をあえて中国株ドラゴンズとしたのは,・・・半分意地みたいなもんです。(いい加減な予想だ。)
 もう半分は,テロの影響(9月になってからのことですが)。以前のムンバイ列車爆発事件との関連も指摘されています。
 せっかくのインド株エレファンツの快進撃が続いていた8月ですが,テロの不安があれば,選手を応援するファンの心理として,慎重にならざるを得ないという投資家もいると思われます。
 もうちょっとデータをいろいろと調べたいのですが,時間がとれず,こんな予想になってしまいました。あなたはインド株エレファンツ,中国株ドラゴンズのどちらが優勝すると思いますか?

(※シ・リーグの試合結果更新できていません。もうちょっとかかりそうです・・・。すみません。)


↓お知らせ↓
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!

 ・インド株ADRなら・・・楽天証券 インフォシス,タタ・モーターズなどのインド株に投資できます。まずはクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/07

8月の優勝予想(インド株・中国株) データ編

 2006年8月の戦いが終了しました!
 さて,8月の試合結果のデータを参考に,インド株・中国株野球対決の,今年の優勝予想をしてみます。なお,今月は,参考データとして,ベトナム株サイゴンズのデータも,できる範囲で出してみます。
 まずは予想するためのデータです。(野球っぽいのと,そうでないのとありますが。)
このブログのルールに関しては,こちら「インド株・中国株対決ルール(2006年版)」をご覧ください。)

★データ1 打率
         打数  安打  打率  2006年の通算打率
 SENSEX指数 22   16  .727  .578
 NIFTY指数  22   16  .727  .584
 ハンセン指数 23   13  .565  .576
 H株指数    23   10  .435  .552
 VNインデックス23   13  .565   N/A

 ★データ2 ヒットの内訳
        一塁打 二塁打 三塁打 ホームラン
 SENSEX指数  10   6    0    0
 NIFTY指数   10   6    0    0
 ハンセン指数  10   3    0    0
 H株指数     6    4    0    0
 VNインデックス 3    4    2    4

 ★データ3 月間騰落率(データの誤りを訂正しました)
          8月末    7月末  月間騰落率 年間騰落率
 SENSEX指数  11699.05 10743.88   8.89    24.49
 NIFTY指数    3413.9   3143.2    8.61    20.35
 ハンセン指数  17392.27  16971.34   2.48   16.91
 H株指数     6882.16   6829.49   0.77   29.11
 VNインデックス 491.18    422.41   16.28   N/A

★データ4 「ハンS倍率(はんえすばいりつ)」「HS倍率

 「ハンS倍率」「HS倍率」とは,私が勝手に算出し始めた指数です(こんな事誰もしていないだろうから,おそらく日本で初めて)。

     ハンS倍率=ハンセン指数÷SENSEX指数

     HS倍率=H株指数÷SENSEX指数

 日経平均とTOPIXのNT倍率みたいな感じです。
 新興国市場として注目されているインドと中国。インド株の代表的株価指数のSENSEX指数と,中国株のハンセン指数,H株指数を比較して,インド株,中国株どちらがより上昇しているか?上昇の傾向があるかを探っています。
 今までの推移です。

             ハンS倍率  HS倍率
 2004年 12月末  2.16倍  0.72倍
 2005年  1月末  2.09倍  0.72倍
        2月末  2.11倍  0.77倍
        3月末  2.08倍  0.74倍
        4月末  2.26倍  0.76倍
        5月末  2.07倍  0.68倍
        6月末  1.97倍  0.68倍
        7月末  1.95倍  0.69倍
        8月末  1.91倍  0.65倍
        9月末  1.79倍  0.61倍
       10月末  1.82倍  0.60倍
       11月末  1.70倍  0.57倍
       12月末  1.58倍  0.57倍
2006年  1月末  1.59倍  0.63倍
        2月末  1.54倍  0.63倍
        3月末  1.40倍  0.59倍
        4月末  1.38倍  0.57倍
        5月末  1.53倍  0.64倍
        6月末  1.53倍  0.64倍
        7月末  1.58倍  0.64倍
        8月末  1.49倍  0.59倍

 データは以上のような結果でした。
 これを基に,次回,優勝予想をしてみます。お楽しみに!

  インド株に投資をお考えの方,まずは資料請求してみてはいかがですか?↓↓
 
インド株に投資できるインド株ファンドと証券会社
(最近たくさんの方に資料請求をしていただいています!本当にありがとうございます!!)
(クリックすると各証券会社へ。詳しい情報を手に入れたり,資料請求(無料)や口座開設ができます。)

 ・PCAインド株式オープン・・・ライブドア証券
(7月31日現在 純資産残高1035億円 1ヶ月騰落率 3.8%)

 ・HSBCインドオープン・・マネックス証券コスモ証券
(7月31日現在 純資産残高1035億円 1ヶ月騰落率 2.4%)

 ・HSBC BRICs オープン・・マネックス証券コスモ証券
(7月31日現在 純資産残高931億円 1ヶ月騰落率 5.2% 新規申し込み停止中のようです。)

 ・JPM・BRICS5・ファンド・・マネックス証券ライブドア証券
(7月31日現在 純資産残高1036億円 1ヶ月騰落率 4.6%)

 ・インド株ADRなら・・・楽天証券 インフォシス,タタ・モーターズなどのインド株に投資できます。まずはクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/17

7月の優勝予想(インド株・中国株) 予想編

 ★2006年の優勝予想(前回の記事をぜひ読んでからお読み下さい!)

 今月の優勝予想は・・・前回同様,中国株ドラゴンズとします。

   今までの予想履歴
 1月 中国株ドラゴンズ
 2月 中国株ドラゴンズ
 3月 インド株エレファンツ
 4月 中国株ドラゴンズ
 5月 中国株ドラゴンズ
 6月 中国株ドラゴンズ
 7月 中国株ドラゴンズ

 (このブログでは,インド株と中国株を勝手に野球チームにして,試合をしています。さっぱり意味がわからないという方は,こちら「インド株・中国株対決ルール(2006年版)」をご覧ください。)


 7月の注目データはこれ!

 ★データ1 打率
         打数  安打  打率  2006年の通算打率
 SENSEX指数 21   10  .476  .556
 NIFTY指数  21   10  .476  .563
 ハンセン指数 21   14  .667  .577
 H株指数    21   10  .476  .570

 首位打者はハンセン指数,2位はH株指数とドラゴンズが上位を占めました。
 ハンセン指数は6月まで打率は最下位(.562)だったのですが,一気に首位に!


 また,通算成績の勝敗では,7月28日に終了した第30試合時点で・・・

  1位 中国株ドラゴンズ   17勝13敗
  2位 インド株エレファンツ 13勝17敗

 年間試合数は今年は52試合なので,優勝のボーダーラインは27勝。ということは,この時点で,ゲーム差4は大きい・・・。

 以上の結果から,優勝は中国株ドラゴンズと予想します。
 あなたはインド株エレファンツ,中国株ドラゴンズのどちらが優勝すると思いますか?


↓お知らせ↓
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!

 ・インド株ADRなら・・・楽天証券 インフォシス,タタ・モーターズなどのインド株に投資できます。まずはクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/16

7月の優勝予想(インド株・中国株) データ編

 2006年7月の戦いが終了しました!(また遅くなりました。)
 さて,7月の試合結果のデータを参考に,インド株・中国株野球対決の,今年の優勝予想をしてみます。(ベトナム株は入っていません。)
 まずは予想するためのデータです。(野球っぽいのと,そうでないのとありますが。)
 このブログのルールに関しては,こちら「インド株・中国株対決ルール(2006年版)」をご覧ください。)
★データ1 打率
          打数  安打  打率  2006年の通算打率
 SENSEX指数 21   10  .476  .556
 NIFTY指数  21   10  .476  .563
 ハンセン指数 21   14  .667  .577
 H株指数    21   10  .476  .570

 ★データ2 ヒットの内訳
        一塁打 二塁打 三塁打 ホームラン
 SENSEX指数 2    5    2    1
 NIFTY指数  2    4    3    1
 ハンセン指数 11   2    1    0
 H株指数    7    2    1    0

 ★データ3 月間騰落率
          7月末   6月末  月間騰落率 年間騰落率
 SENSEX指数 10743.88 10609.25   1.27    14.32
 NIFTY指数   3143.2  3128.2    0.48    10.81
 ハンセン指数 16971.34  16267.62  4.33    14.08
 H株指数    6829.49  6784.6    0.66    28.12

★データ4 「ハンS倍率(はんえすばいりつ)」「HS倍率

 「ハンS倍率」「HS倍率」とは,私が勝手に算出し始めた指数です(こんな事誰もしていないだろうから,おそらく日本で初めて)。

     ハンS倍率=ハンセン指数÷SENSEX指数

     HS倍率=H株指数÷SENSEX指数

 日経平均とTOPIXのNT倍率みたいな感じです。
 新興国市場として注目されているインドと中国。インド株の代表的株価指数のSENSEX指数と,中国株のハンセン指数,H株指数を比較して,インド株,中国株どちらがより上昇しているか?上昇の傾向があるかを探っています。
 今までの推移です。

             ハンS倍率  HS倍率
 2004年 12月末  2.16倍  0.72倍
 2005年  1月末  2.09倍  0.72倍
        2月末  2.11倍  0.77倍
        3月末  2.08倍  0.74倍
        4月末  2.26倍  0.76倍
        5月末  2.07倍  0.68倍
        6月末  1.97倍  0.68倍
        7月末  1.95倍  0.69倍
        8月末  1.91倍  0.65倍
        9月末  1.79倍  0.61倍
       10月末  1.82倍  0.60倍
       11月末  1.70倍  0.57倍
       12月末  1.58倍  0.57倍
2006年  1月末  1.59倍  0.63倍
        2月末  1.54倍  0.63倍
        3月末  1.40倍  0.59倍
        4月末  1.38倍  0.57倍
        5月末  1.53倍  0.64倍
        6月末  1.53倍  0.64倍
        7月末  1.58倍  0.64倍

 データは以上のような結果でした。
 これを基に,次回,優勝予想をしてみます。お楽しみに!

  インド株に投資をお考えの方,まずは資料請求してみてはいかがですか?↓↓
 
インド株に投資できるインド株ファンドと証券会社
(最近たくさんの方に資料請求をしていただいています!本当にありがとうございます!!)
(クリックすると各証券会社へ。詳しい情報を手に入れたり,資料請求(無料)や口座開設ができます。)

 ・PCAインド株式オープン・・・ライブドア証券
(7月31日現在 純資産残高1035億円 1ヶ月騰落率 3.8%)

 ・HSBCインドオープン・・マネックス証券コスモ証券
(7月31日現在 純資産残高1035億円 1ヶ月騰落率 2.4%)

 ・HSBC BRICs オープン・・マネックス証券コスモ証券
(7月31日現在 純資産残高931億円 1ヶ月騰落率 5.2% 新規申し込み停止中のようです。)

 ・JPM・BRICS5・ファンド・・マネックス証券ライブドア証券
(7月31日現在 純資産残高1036億円 1ヶ月騰落率 4.6%)

 ・インド株ADRなら・・・楽天証券 インフォシス,タタ・モーターズなどのインド株に投資できます。まずはクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/21

2006年6月 インド株・中国株対決 優勝予想(予想編)

 ★2006年の優勝予想(前回の記事をぜひ読んでからお読み下さい!)

 今月の優勝予想は・・・前回同様,中国株ドラゴンズとします。

   今までの予想履歴
 1月 中国株ドラゴンズ
 2月 中国株ドラゴンズ
 3月 インド株エレファンツ
 4月 中国株ドラゴンズ
 5月 中国株ドラゴンズ
 6月 中国株ドラゴンズ

 (このブログでは,インド株と中国株を勝手に野球チームにして,試合をしています。さっぱり意味がわからないという方は,こちら「インド株・中国株対決ルール(2006年版)」をご覧ください。)


 6月の注目データはこれ。

 ★データ2 ヒットの内訳(訂正しました)
         一塁打 二塁打 三塁打 ホームラン
 SENSEX指数  1    3    2    5
 NIFTY指数    3    2    2    5
 ハンセン指数  5    4    2    0
 H株指数     3    7    1    2

 一見,SENSEX指数,NIFTY指数のホームランがあり,インド株エレファンツ有利かと思います。
 しかし,こちらもご覧ください。

 ★データ ダブルプレー,トリプルプレーの数
         ダブルプレー トリプルプレー
 SENSEX指数  2        7
 NIFTY指数    2        7
 ハンセン指数  2        2
 H株指数     3        4

 いかがですか?エレファンツのトリプルプレーの多さが目に止まります。
 つまり,エレファンツは極端に言えば,ホームランか,トリプルプレーか,という打撃が続いた6月だったわけです。
 このような打撃が今後続くとは考えにくいですが,ファンとしては,このようなチームを応援するのは難しい,と考える人も多いのではないでしょうか?(何せお金がかかっていますからね・・・。)
 ただ試合を見るだけなら面白いですが,投資という試合では堅実なチームも魅力的です。(相対的にですが。)
この流れはもう少し続くかもしれない・・・と考え,優勝は中国株ドラゴンズと予想しました。あなたは,インド株エレファンツ,中国株ドラゴンズの,どちらのチームが優勝すると思いますか?

↓お知らせ↓
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!

インド株ADRなら・・・楽天証券

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/19

2006年6月 インド株・中国株対決 優勝予想(データ編)

 2006年6月の戦いが終了しました!(いつものことで遅すぎ)
 6月の戦いは,長打がたくさん飛び出しました。データ2に注目してください。
 さて,6月の試合結果のデータを参考に,インド株・中国株野球対決の,今年の優勝予想をしてみます。
 まずは予想するためのデータです。(野球っぽいのと,そうでないのとありますが。)
 このブログのルールに関しては,こちら「インド株・中国株対決ルール(2006年版)」をご覧ください。)
★データ1 打率
         打数  安打  打率  2006年の通算打率
 SENSEX指数 22   11  .500  .569
 NIFTY指数  22   12  .545  .577
 ハンセン指数 22   11  .500  .562
 H株指数    22   13  .591  .587

 ★データ2 ヒットの内訳(訂正しました)
         一塁打 二塁打 三塁打 ホームラン
 SENSEX指数  1    3    2    5
 NIFTY指数   3    2    2    5
 ハンセン指数  5    4    2    0
 H株指数     3    7    1    2

 ★データ3 月間騰落率
            6月末   5月末  月間騰落率 年間騰落率
 SENSEX指数  10609.25  10398.61   2.03   12.89
 NIFTY指数    3128.2   3071.05   1.86    10.28
 ハンセン指数  16267.62  15857.89   2.58    9.35
 H株指数     6784.6    6665.9   1.78    27.28

★データ4 「ハンS倍率(はんえすばいりつ)」「HS倍率

 「ハンS倍率」「HS倍率」とは,私が勝手に算出し始めた指数です(こんな事誰もしていないだろうから,おそらく日本で初めて)。

     ハンS倍率=ハンセン指数÷SENSEX指数

     HS倍率=H株指数÷SENSEX指数

 日経平均とTOPIXのNT倍率みたいな感じです。
 新興国市場として注目されているインドと中国。インド株の代表的株価指数のSENSEX指数と,中国株のハンセン指数,H株指数を比較して,インド株,中国株どちらがより上昇しているか?上昇の傾向があるかを探っています。
 今までの推移です。

             ハンS倍率  HS倍率
 2004年 12月末  2.16倍  0.72倍
 2005年  1月末  2.09倍  0.72倍
        2月末  2.11倍  0.77倍
        3月末  2.08倍  0.74倍
        4月末  2.26倍  0.76倍
        5月末  2.07倍  0.68倍
        6月末  1.97倍  0.68倍
        7月末  1.95倍  0.69倍
        8月末  1.91倍  0.65倍
        9月末  1.79倍  0.61倍
       10月末  1.82倍  0.60倍
       11月末  1.70倍  0.57倍
       12月末  1.58倍  0.57倍
2006年  1月末  1.59倍  0.63倍
       2月末  1.54倍  0.63倍
        3月末  1.40倍  0.59倍
        4月末  1.38倍  0.57倍
        5月末  1.53倍  0.64倍
        6月末  1.53倍  0.64倍

 データは以上のような結果でした。
 これを基に,次回,優勝予想をしてみます。お楽しみに!

  インド株に投資をお考えの方,まずは資料請求してみてはいかがですか?↓↓
 
インド株に投資できるインド株ファンドと証券会社
(最近たくさんの方に資料請求をしていただいています!本当にありがとうございます!!)
(クリックすると各証券会社へ。詳しい情報を手に入れたり,資料請求(無料)や口座開設ができます。)

 ・PCAインド株式オープン・・・ライブドア証券
(3月31日現在 純資産残高1049億円 1ヶ月騰落率 10.9%                           3ヶ月騰落率21.1%)

 ・HSBCインドオープン・・マネックス証券コスモ証券
(3月31日現在 純資産残高1229億円 1ヶ月騰落率 11.0%                           3ヶ月騰落率21.7%)

 ・HSBC BRICs オープン・・マネックス証券コスモ証券
(3月31日現在 純資産残高1040億円 1ヶ月騰落率 1.7%                           3ヶ月騰落率17.0%)

 ・野村インド株投資・・・私の記事「野村インド株投資 発売!」をご覧下さい。
(3月31日現在 純資産残高1671億円 1ヶ月騰落率 10.5%                           3ヶ月騰落率20.1%)

 ・メリルリンチ・インド株ファンド・・・私の記事「メリルリンチ・インド株ファンド 発売!」をご覧下さい。
(3月31日現在 純資産残高1398億円 1ヶ月騰落率 10.8%                           3ヶ月騰落率22.1%)

 ・インド株ADRなら・・・楽天証券

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/17

2006年 インド株・中国株対決 優勝予想(5月)予想編

 ★2006年の優勝予想(前回の記事「2006年 インド株・中国株対決 優勝予想(5月)データ編」をぜひ読んでからお読み下さい!)

 今月の優勝予想は・・・前回同様,中国株ドラゴンズとします。

 (このブログでは,インド株と中国株を勝手に野球チームにして,試合をしています。さっぱり意味がわからないという方は,こちら「インド株・中国株対決ルール(2006年版)」をご覧ください。)

 すっかり遅くなりましたので,短めに。
 前回のデータ編を見ると,インド株エレファンツの月間13%下落という数字が目に止まります。
 対する中国株ドラゴンズは,月間2~4%の下落ですから,どちらもマイナスとはいえ,対照的な結果。
 つまり,インド株エレファンツの,熱狂的だったファンが,5月にはかなりファンをやめたり,他のチームを含めて応援するチームを検討したりしている段階だと思われます。そのファンが中国株ドラゴンズのファンにすぐなる可能性は少ないと考えますが,しばらくは,どのチームを応援するか検討する人が多いでしょう。
 よって,中国株ドラゴンズが今年は優勢と考えますが,あなたは,インド株エレファンツ,中国株ドラゴンズ,どちらが優勝すると思いますか?

↓お知らせ↓
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/06

2006年 インド株・中国株対決 優勝予想(5月)データ編

 2006年5月の戦いが終了しました!
 5月の戦いは,インド株エレファンツ,中国株ドラゴンズの両チームにとって大変厳しいものとなりました。
 さて,5月の試合結果のデータを参考に,インド株・中国株野球対決の,今年の優勝予想をしてみます。
 まずは予想するためのデータです。(野球っぽいのと,そうでないのとありますが。)
このブログのルールに関しては,こちら「インド株・中国株対決ルール(2006年版)」をご覧ください。)

★データ1 打率
         打数  安打  打率  2006年通算打率
 SENSEX指数 22   13  .591  .584
 NIFTY指数  22   13  .591  .584
 ハンセン指数 20    9  .450  .576
 H株指数    20   12  .600  .586

 ★データ2 ヒットの内訳
        一塁打 二塁打 三塁打 ホームラン
 SENSEX指数  9    2    1    1
 NIFTY指数   8    3    0    2
 ハンセン指数  5    4    0    0
 H株指数     7    2    2    1

 ★データ3 月間騰落率
           5月末   4月末  月間騰落率 年間騰落率
 SENSEX指数  10398.61  12042.56  -13.65  10.65
 NIFTY指数    3071.05  3557.60  -13.68   8.27
 ハンセン指数  15857.89  16661.30  -4.82   6.60
 H株指数     6665.9   6835.15   -2.48   25.06

★データ4 「ハンS倍率(はんえすばいりつ)」「HS倍率

 「ハンS倍率」「HS倍率」とは,私が勝手に算出し始めた指数です(こんな事誰もしていないだろうから,おそらく日本で初めて)。

     ハンS倍率=ハンセン指数÷SENSEX指数

     HS倍率=H株指数÷SENSEX指数

 日経平均とTOPIXのNT倍率みたいな感じです。
 新興国市場として注目されているインドと中国。インド株の代表的株価指数のSENSEX指数と,中国株のハンセン指数,H株指数を比較して,インド株,中国株どちらがより上昇しているか?上昇の傾向があるかを探っています。
 今までの推移です。

             ハンS倍率  HS倍率
 2004年 12月末  2.16倍  0.72倍
 2005年  1月末  2.09倍  0.72倍
        2月末  2.11倍  0.77倍
        3月末  2.08倍  0.74倍
        4月末  2.26倍  0.76倍
        5月末  2.07倍  0.68倍
        6月末  1.97倍  0.68倍
        7月末  1.95倍  0.69倍
        8月末  1.91倍  0.65倍
        9月末  1.79倍  0.61倍
       10月末  1.82倍  0.60倍
       11月末  1.70倍  0.57倍
       12月末  1.58倍  0.57倍
2006年  1月末  1.59倍  0.63倍
        2月末  1.54倍  0.63倍
        3月末  1.40倍  0.59倍
        4月末  1.38倍  0.57倍
        5月末  1.53倍  0.64倍

 データは以上のような結果でした。
 これを基に,次回,優勝予想をしてみます。お楽しみに!

  インド株に投資をお考えの方,まずは資料請求してみてはいかがですか?↓↓
 
インド株に投資できるインド株ファンドと証券会社
(最近たくさんの方に資料請求をしていただいています!本当にありがとうございます!!)
(クリックすると各証券会社へ。詳しい情報を手に入れたり,資料請求(無料)や口座開設ができます。)

 ・PCAインド株式オープン・・・ライブドア証券
(3月31日現在 純資産残高1049億円 1ヶ月騰落率 10.9%                           3ヶ月騰落率21.1%)

 ・HSBCインドオープン・・マネックス証券コスモ証券
(3月31日現在 純資産残高1229億円 1ヶ月騰落率 11.0%                           3ヶ月騰落率21.7%)

 ・HSBC BRICs オープン・・マネックス証券コスモ証券
(3月31日現在 純資産残高1040億円 1ヶ月騰落率 1.7%                           3ヶ月騰落率17.0%)

| | コメント (0) | トラックバック (0)