2006/04/19

インド・中国 両方に投資できるファンド

 先日も少し書いたのですが,インド・中国へ,いっぺんに投資できるファンドが2つ出ました。
 改めて,インドと中国への関心の高さが感じられます。また,このブログで,インド・中国両方に注目してきたかいがあったと,うれしくも思っています。
 このブログでお伝えしないわけにはいかないでしょう!設定日も迫りましたが,お伝えします。ご検討ください。

①三井住友・インド・中国株オープン
 4月28日設定。(その後は平成19年7月13日まで継続申込み可)上限は500億円。
 このファンドの特徴の一つ目は,インドと中国に,これ1本で投資できること。BRICsファンドは最近いくつか出ていましたが,インドと中国にしぼったファンドは私の記憶にはありません。(初めてでは?)
 もう1つの特徴は,インド株と中国株の実質投資比率が,概ね同程度とされていること。これは,インドと中国の株価上昇のメリットを半分ずつ受けられるということですが,私としては,もう少し機動的に運用してもいいのではないかと考えています。
 取り扱いは東洋証券内藤証券の2つのようです。(新聞記事などに,ライブドア証券の名前もありましたが,ライブドア証券ホームページにはこのファンドの記載が,今日現在ないようです。内藤証券も,ネット上では取り扱っていないのでしょうか?表示が見当たりません。(今日現在))


②JFグレート・アジア3・ファンド
 4月27日設定。上限はこちらも500億円。
 このファンドの特徴の一つ目は,インド・中国・日本に投資できるというもの。このタイプもおそらく初めてだと思います。
 もうひとつの特徴は,年4回の決算を行うところ。1・4・7・10月の原則26日に決算が行われるそうです。
 それから,各ファンドの投資対象市場の見通しに応じて資産配分を行うとのこと。効率よく資産配分されれば,収益が上がるということで,期待したいところです。
 取り扱いは東海東京証券です。


↓お知らせ↓
Harvard Business Review 5月号の特集は「BRICs 30億人市場の近未来」。なんと130ページの大特集です!


  以下の投資信託も検討してみてください!↓↓

インド株に投資できるインド株ファンドと証券会社
(最近たくさんの方に資料請求をしていただいています!本当にありがとうございます!!)
(クリックすると各証券会社へ。詳しい情報を手に入れたり,資料請求(無料)や口座開設ができます。)

 ・PCAインド株式オープン・・・ライブドア証券
(3月31日現在 純資産残高1049億円 1ヶ月騰落率 10.9%                           3ヶ月騰落率21.1%)

 ・HSBCインドオープン・・マネックス証券コスモ証券
(3月31日現在 純資産残高1229億円 1ヶ月騰落率 11.0%                           3ヶ月騰落率21.7%)

 ・HSBC BRICs オープン・・マネックス証券コスモ証券
(3月31日現在 純資産残高1040億円 1ヶ月騰落率 1.7%                           3ヶ月騰落率17.0%)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/22

もう募集停止!? 日興BRICS株式ファンド

 BRICsへの新しい投資信託が出ました。
 日興BRICs株式ファンドです。成長が期待されるBRICs(ブラジル,ロシア,インド,中国)へ分散投資する投信です。
 申し込みは50万円以上(新規申し込み時。追加申し込み時は1万円以上)で,信託報酬は年率1.764%。
 詳しくはこちら。

   日興コーディアル証券

 最近,日経新聞にも広告が載っていたし,近いうちに調べようと思っていたのですが,なんと,もう,募集上限に達したため,現在募集停止中との情報を入手!
 当初募集額の上限は700億円だったはずなので,もう達してしまったということなのでしょう。
ものすごい人気。インド株,中国株への資金流入はもう少し続きそうですね。新しい情報がわかればまたお知らせしようと思います。

 ↓↓HSBCのBRICsオープンは現在も申し込み可能です↓↓
(お申し込みをお考えの方,まずは下の資料請求を!もちろん無料です!)

 ・HSBC BRICs オープン・・コスモ証券
        ※追加情報  マネックス証券でも購入でき                 るようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/07

インド株 歴史的な10000ポイント突破 中国株の上昇率もすごい!

 インド株にとって歴史的な日となった,2月6日。ついに来ました。インド株SENSEX指数が1万ポイントを突破です!
 取引中ですが,一時,10002.83ポイントを記録。終値では9980.42ポイントとなりましたが,先週末比,2.44%上昇。(このブログのルールで行けば,三塁打ですね。)
 2006年中に12000ポイントに乗せることを,アナリストや投資家が期待しているという話があるようです。短期的には利益の確定も増えてくるでしょうが,私個人としては中長期的には十分可能な水準ではないかと思います。
 インド株に投資をお考えの方,まずは資料請求してみてはいかがですか?↓↓
 
インド株に投資できるインド株ファンドと証券会社
(最近たくさんの方に資料請求をしていただいています!本当にありがとうございます!!)
(クリックすると各証券会社へ。詳しい情報を手に入れたり,資料請求(無料)や口座開設ができます。)
 ・PCAインド株式オープン・・・ライブドア証券

 ・HSBCインドオープン・・マネックス証券コスモ証券

 ・HSBC BRICs オープン・・コスモ証券
        ※追加情報  マネックス証券でも購入でき                 るようになりました。

 ・野村インド株投資・・・私の記事「野村インド株投資 発売!」をご覧下さい(新規申し込み停止中でしたが,再開との話も。)


 変わって中国株関連。2月6日(月)は春節明けで,中国本土市場が取引再開。
 こちらもすごい!!上海B株指数は,休場前との比較で,なんと+7.27%!!香港のH株指数は+3.24%と大きく上昇。
 今年は中国株に期待していたのですが,年初から大きく上昇しています。B株には新規で資金を追加しようと考えていたのですが,出遅れてしまいました・・・。今後どうするか検討中。A株との統合話が上がっていますが,まだなのではないかなあ,そんな気がしています。買いのチャンスを探りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/12

ついに出た!日本初のインド株投資本

 とうとう出ましたね。ありそうでなかった,日本初のインド株投資の本です。

 成功するインド株 出遅れない・失敗しない投資のための基礎知識(出版社 アスペクト)という本です。

 わたしはまだ読んでいませんが,紹介記事によると,日本初のインド株投資の本だとのこと。著者の高橋正樹氏が言うには,遠からず日本人の投資家がインドの個別株に投資できる日が来ることを確信しているそうです。高橋氏はアイザワ証券投資リサーチセンター・アジア担当ストラテジストで,日本では数少ないインド株投資経験者。
 これは乗り遅れるわけには行きませんね。インド株投資をしている人も,これからの人も必見です!


 対する中国株の書籍ですが,最近でも続々と出ています。
 新しいところではこれ。

柏木理佳の中国株は2007年までが儲けどき(出版社 中経出版)

 最近中国株も含めて,あと○年とか,○年まででやめなさい,なんて本が多いですね。この本では,実際に中国で取材し,お薦めする銘柄が掲載されているそうですよ。
 2007年までか・・・。ぜひ読んでみたいと思います。


 ★好調のインド株に投資できるインド株ファンドと証券会社
           (詳しい情報は ↓ をクリックして進んで下さい)

 ・PCAインド株式オープン・・・ライブドア証券
(7月29日現在 純資産残高495億円 1ヶ月騰落率 7.0%                           3ヶ月騰落率24.2%)

 ・ドイチェインド株式ファンド・・・E*トレード証券
(7月29日現在 純資産残高59億円 1ヶ月騰落率 9.7%                           3ヶ月騰落率23.0%)

 ・HSBCインドオープン・・マネックス・ビーンズ証券
(7月29日現在 純資産残高449億円 1ヶ月騰落率 9.2%                           3ヶ月騰落率25.1%)

 ・野村インド株投資・・・私の記事「野村インド株投資 発売!」をご覧下さい(6月22日設定。現在は新規申し込み停止中。インド株投信に投資をお考えなら上記のファンドに資料請求を!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/22

祝 人民元切り上げ なのかな?

 とうとう,人民元切り上げですね。(狼少年のようでしたが。)1ドル=8.11元ですか。
 
 2%切り上げ+上下0.3%の範囲内で変動させる,ということは,じりじりと上がっていくのでしょうね?

 株価への影響はどうなるのでしょう。目先上げているようですが,中長期的にどんなもんなのでしょう?

 この辺りに詳しい方がいれば,ぜひ教えていただけるとうれしいです!(自分で考えろと言われそうですが・・・。)

 アジアの通貨も全体的に上げているようですね。インド株への影響も考えていかねば。

★人民元切り上げで注目される中国株の取引ができる証券会社
(情報収集や資料請求は↓をクリック)

     マネックス・ビーンズ証券

     E*トレード証券

     トレイダーズ証券

     ライブドア証券

 ★好調のインド株に投資できるインド株ファンドと証券会社
           (詳しい情報は ↓ をクリックして進んで下さい)

(6月に設定された野村インド株投資は現在申し込み停止中のようですね。インド株に投資をお考えの方は以下のインド株ファンドをご検討下さい。)

 ・PCAインド株式オープン・・・ライブドア証券

 ・ドイチェインド株式ファンド・・・E*トレード証券

 ・HSBCインドオープン・・マネックス・ビーンズ証券

 ・野村インド株投資・・・私の記事「野村インド株投資 発売!」をご覧下さい(6月22日設定。現在は新規申し込み停止中。インド株投信に投資をお考えなら上記のファンドに資料請求を!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/22

SENSEX指数7000ポイント乗せ ハンセン指数14000ポイント目前

★昨日の終値
   インド株 SENSEX指数 7076.52
   中国株 ハンセン指数 13979.35

 昨日の取引で(火曜),インド株のSENSEX指数が,とうとう7000ポイントに乗せて取引を終えました。
 月曜に,取引途中に7000ポイントに乗せたのですが,終値では7000ポイントを割っていました。
 そして昨日,一気に終値でも7000ポイントに乗せ,史上最高値を更新しました。
 インド株,好調です。

 対する中国株。こちらも健闘していて,ハンセン指数が,昨日,14000ポイント目前で取引を終えました。
 どうも14000ポイント付近に壁があるようで,なかなかここを突破することができなかったのですが,今回はどうなるでしょうか?

 「野村インド株投資」,今日が設定日ですね。どれくらいの額が集まったのでしょうか。(私の記事「野村インド株投資 発売!」「野村インド株投資 インド株上昇の牽引となるか」などをご覧下さい。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/17

野村インド株投資 インド株上昇の牽引となるか?

 来週水曜日設定のインド株投信「野村インド株投資」に関連して,興味深い記事を見つけました。(私の記事:「野村インド株投資 発売!」もご覧下さい)

株式に強くなるコラム「5月は外国人売りにも負けず,インド株上昇」(multexinvestor)という記事で,今年のインド株の上昇を,国内ファンドと,外国ファンドの投資動向で分析しています。

 記事によれば,5月の9%を超える上昇(私の記事「5月の月間成績 パート1その2パート3」もご覧下さい)は,「今年5月を見ると、国内ファンドが334億ルピー(約820億円)の買い越し、外国ファンドが114億ルピー(約280億円)の売り越しとなっている。この国内ファンドの買い越し額は、歴史的に見てもかなり高水準であり、これが5月のインド株相場急上昇をけん引したと言えるだろう」とのことです

これは私にとっては意外でした。てっきり,外国ファンドが買いに動いていたと考えていましたが,違ったようですね。

 

 確かに,3月までの上昇は,外国ファンドが大幅な買い越しだったようですし,6月に入ってからは外国ファンドが買っているとのことで,今後の動きにも注目が必要です。

 「野村インド株投資」のような大型ファンドの資金流入についても分析がありますので,ぜひご覧になってみてください。

 ちなみに,前の日には,「相次ぐ株価対策で、中国本土株が8週ぶりに上昇!との記事がありました。

 様々な株価対策を行っている中国ですが,記事によれば「長期的な下落傾向を食い止められなかったのが中国本土株のこの4年間ほどのトレンドであったことを忘れてはいけない」とのことで,まだまだ本格上昇は先になるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/06

土曜取引のなぞ・・・解明!

 昨日の記事で,インド株式市場で,土曜日にもかかわらず取引があったようだ,とお伝えしました。

 すると,「インド株式オンライン」の管理人の方からメールを頂き,なぞが解けました。(ありがとうございました!)

 NSE(インドのNational Stock Exchange)が,チェンナイにあるバックアップ設備のテストをするための特別な取引があったようです。NSE,BSE(こちらもインドのBombay Stock Exchange)の両方で3時間市場が開かれたとのことです。(詳細はこちら。http://www.rediff.com/money/2005/jun/03bse.htm これも教えていただきました。)
 
 私は知識も,英語力も・・・のため,土曜の取引なんて勘違いかな?と思っていたのですが,本当にあったんですね。貴重な情報をありがとうございました!

 「インド株式オンライン」は,インド株の情報が少ない日本の中で,充実した,情報量の多い貴重なサイトのひとつです。ぜひご覧になってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/05

インド・中国の力 アジアの時代

 昨日(4月4日)の日本経済新聞にインド,中国の記事が並んで掲載されていました。

 「インド,石油開発急ぐ エネルギー確保 中国と競争」
 「中華企業戦略 鉄鋼 上海宝鋼集団 提携テコに世界3強へ」
 

 どちらの記事もすごいニュースだ!と驚いてしまいました。日本や韓国だけではない,アジアの国々の力。その中でも,インドと中国,改めて両国の今後の成長性を強く感じました。
 
 私はインド株や中国株に投資をしています。もちろん,利益をねらって投資をし,あわよくば大もうけできないか,とも考えています。
 
 しかし,アジアの,そして世界の大きな変化の中に身を置いていることに,妙に気持ちが高揚し,血が騒ぐ思いがしたので,あわてて書いてみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/21

IT関連企業は中国→インドへ!?

 インドと中国に関するニュースがありました。

インテル:中国市場を捨てた?インドに工場設立へ(Yahoo!ファイナンス03/19(土))

★記事によると
 インドのマラン通信・IT相が,アメリカのインテル社が,インドに工場を設立することを発表したとのこと。
 中でも注目なのは,2004年末にインテル社が,「今後5年以内に中国にウェハー工場を設立することはない」と発言していること。「インテルは中国を捨てた」との見方もあり,世界的にIT業界の「インド重視」の傾向が強まっているようだ,と記事は結んであります。

★私の思い
 中国や台湾へのIT関連企業進出が数年前まで話題になっていましたが,2000年に,こんなレポートもありました。
  中国のIT生産基地化と台湾におけるIT生産高度化の現状(UFJ総合研究所ホームページ)
 これを読んで,今回のニュースを読むと,いよいよ時代が変わってきた,という感じがします。

 中国への投資はまだまだ続くでしょう。しかし,インドへのシフトも確実なものになっているようです。インドへの投資については懐疑的な見方もまだ当然ありますが,数年後にはインドへの投資の加速が広がっていると,わたしは考えています。

 ITと言えばインド,という大きな流れが,今後やってくるのかもしれません。今後も情報を手に入れ,よりよい判断ができるようにしていきたいと思います。より大きな投資の成果を得るために!

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「あるじゃん」5月号 PCAインド株式オープンについての記事        中国株の投資チャンスはいつだ!?の記事 あります   (立ち読みもできます) 

| | コメント (2) | トラックバック (0)