« 中国株ドラゴンズ 失点を抑えて単独首位 | トップページ | インド株・中国株 大乱打戦!! »

2006/04/19

インド・中国 両方に投資できるファンド

 先日も少し書いたのですが,インド・中国へ,いっぺんに投資できるファンドが2つ出ました。
 改めて,インドと中国への関心の高さが感じられます。また,このブログで,インド・中国両方に注目してきたかいがあったと,うれしくも思っています。
 このブログでお伝えしないわけにはいかないでしょう!設定日も迫りましたが,お伝えします。ご検討ください。

①三井住友・インド・中国株オープン
 4月28日設定。(その後は平成19年7月13日まで継続申込み可)上限は500億円。
 このファンドの特徴の一つ目は,インドと中国に,これ1本で投資できること。BRICsファンドは最近いくつか出ていましたが,インドと中国にしぼったファンドは私の記憶にはありません。(初めてでは?)
 もう1つの特徴は,インド株と中国株の実質投資比率が,概ね同程度とされていること。これは,インドと中国の株価上昇のメリットを半分ずつ受けられるということですが,私としては,もう少し機動的に運用してもいいのではないかと考えています。
 取り扱いは東洋証券内藤証券の2つのようです。(新聞記事などに,ライブドア証券の名前もありましたが,ライブドア証券ホームページにはこのファンドの記載が,今日現在ないようです。内藤証券も,ネット上では取り扱っていないのでしょうか?表示が見当たりません。(今日現在))


②JFグレート・アジア3・ファンド
 4月27日設定。上限はこちらも500億円。
 このファンドの特徴の一つ目は,インド・中国・日本に投資できるというもの。このタイプもおそらく初めてだと思います。
 もうひとつの特徴は,年4回の決算を行うところ。1・4・7・10月の原則26日に決算が行われるそうです。
 それから,各ファンドの投資対象市場の見通しに応じて資産配分を行うとのこと。効率よく資産配分されれば,収益が上がるということで,期待したいところです。
 取り扱いは東海東京証券です。


↓お知らせ↓
Harvard Business Review 5月号の特集は「BRICs 30億人市場の近未来」。なんと130ページの大特集です!


  以下の投資信託も検討してみてください!↓↓

インド株に投資できるインド株ファンドと証券会社
(最近たくさんの方に資料請求をしていただいています!本当にありがとうございます!!)
(クリックすると各証券会社へ。詳しい情報を手に入れたり,資料請求(無料)や口座開設ができます。)

 ・PCAインド株式オープン・・・ライブドア証券
(3月31日現在 純資産残高1049億円 1ヶ月騰落率 10.9%                           3ヶ月騰落率21.1%)

 ・HSBCインドオープン・・マネックス証券コスモ証券
(3月31日現在 純資産残高1229億円 1ヶ月騰落率 11.0%                           3ヶ月騰落率21.7%)

 ・HSBC BRICs オープン・・マネックス証券コスモ証券
(3月31日現在 純資産残高1040億円 1ヶ月騰落率 1.7%                           3ヶ月騰落率17.0%)

|

« 中国株ドラゴンズ 失点を抑えて単独首位 | トップページ | インド株・中国株 大乱打戦!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74523/9672218

この記事へのトラックバック一覧です: インド・中国 両方に投資できるファンド:

« 中国株ドラゴンズ 失点を抑えて単独首位 | トップページ | インド株・中国株 大乱打戦!! »